レアジョブの英会話レッスンで大学受験合格の目標を叶えさせてあげる

レアジョブの英会話レッスンのおかげで大学受験合格の祈願を自信を持ってしている女の子

 

 

お子さんの今の英語の成績で志望校合格は叶いそうですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、志望校合格が難しいようなら、残念ながら学校や塾の英語教育のレベルが低いってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、レアジョブにお子さんの英語教育を丸投げすれば、英語の成績がグーンとアップしちゃうんです。

 

 

 

 

 

 

 

英語の成績がアップすれば、大学受験に失敗する可能性はかなりゼロに近づきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなことを言うと、

 

 

 

「レアジョブのレッスンを受けるだけで本当に志望校合格できるの?」

 

 

 

 

という疑問が当然湧いてきますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで今回は、なぜレアジョブの英会話レッスンは大学受験に効果的なのか志望校合格に一歩でも近づくことができるのかについて徹底的に解説していきます!

 

 

 


なぜレアジョブは大学受験に最適なオンライン英会話なの?

大学受験に最適なオンライン英会話のレアジョブ

 

 

今までの大学入試センター試験(通称:センター試験)では、

 

 

 

 

読む(200点)・聞く(50点)

 

 

 

 

の2つのスキルが必要で、「話す」「書く」スキルは必要ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、英語を話せなくても長い英文を書けなくても問題なかったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、あなたもご存知かも知れませんが、2020年以降に実施される『大学入学共通テスト』では「話す」「書く」「読む」「聞く」の4つのスキルが評価されるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ということは、今のまま英語を”話せない”・”書けない”というのはかなり危険な状態なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

ここで1つ質問をしますが、

 

 

 

学校や塾で、お子さんは何分くらい英語を話せているでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

おそらく、平均すると1回の授業で3分も英語を話していないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

英語に力を入れている学校や塾だとしても、1人あたり10分が限界ですかね。

 

 

 

 

 

 

 

このように、お子さんは授業でほとんど英語を話していないので、英語を話せなくてもおかしな話じゃないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ、授業で英語を話していないんだから、英語を話せないのは当然の結果ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし!

 

 

 

 

レアジョブはマンツーマンレッスンなので1回25分間のレッスンのうち、少なくとも15分以上は英語を話すことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、学校のように生徒同士でカタコトの英語で会話をするのではなく、プロの講師と1対1でみっちりと英語を話すことができるんですね。

 

 

 

 

 

 

さらにレッスン中は、間違った英文や表現は、プロの講師がその都度訂正してくれるので正しい英語を学ぶことができるんです。

 

 

 

 

 

 

 

レッスン後は『レッスンレポート』で、講師によるレッスンのフィードバックやレッスンで使用した単語やフレーズが記録されるので、簡単にレッスンを復習できちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

そして、レアジョブで英会話を学んでおけば、大学受験の英語面接も突破できるんですよ?

 

 


レアジョブなら大学受験の英語面接でも高得点を狙える!

レアジョブのおかげで英語の面接で高得点をもらった学生

 

 

最近の大学受験では、英語で面接を行う大学も少なくありません。

 

 

 

 

 

ただでさえ、緊張してしまう面接なのに英語で話さないといけないのは、お子さんにとってかなり重圧なプレッシャーとなるはずです。

 

 

 

 

 

 

しかし、レアジョブで英会話を学んでおけば余裕で面接官の問いに受け答えできちゃうんです。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、英語の面接で余裕が持てるのかと言うと、

 

 

 

 

 

 

英語の面接よりレアジョブのレッスンの方がレベルが高いから

 

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

レアジョブで英会話スキルを高めておけば、英語で流暢に自己紹介するのなんか朝飯前。

 

 

 

 

 

 

 

面接官の質問対する答えを瞬時に英語に変換して、論理的に正しいフレーズで答えることも難しいことではなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

レアジョブのレッスン受けていれば、英語の面接を楽しむことさえできちゃいますよね。

 

 

 

 

 

 

 

英語を話せる学生は間違いなく高評価を貰えるので、英語の面接で高得点を出していれば大学の合格ラインを突破することは難しいことではありません。

 

 


レアジョブなら大学受験後も英会話学習を無理なく継続できる!

大学受験後もレアジョブで無理なく英会話レッスンを続けている女の子

 

 

 

受験生を持つ多くの親御さんは、大学受験時の英語スキルのみを心配しがちです。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、お子さんにとって重要なのは大学受験だけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

大学入学後の英語の授業やTOEIC・TOEFLなどの検定も重要な課題になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、就活で安定している企業や時代の先を行くベンチャー企業の入社試験に合格するには英語スキルは必要不可欠です。

 

 

 

 

 

 

 

お子さんが大学を卒業して就職するころには、”英語を話せることが当たり前”の時代になっている可能性は極めて高いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

このように、大学受験だけでなく企業に就職してから”役立たず”な人間にならないためにも、英語スキルは今すぐに身に付けておくべきなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

レアジョブならTOEICやTOEFL対策の教材を含めて4,000以上の教材が用意されているので、大学入学後も引き続き英会話を学び続けることができます。

 

 

 

 

 

 

 

そして、レアジョブは、

 

 

 

 

たったの5,800円/月で25分のレッスンを毎日

 

 

 

 

受けることができます。

 

 

 

 

 

 

 

1日2レッスン(50分)のコース、1日4レッスン(100分)のコースもあるので、お子さんの英語の成績や家計を加味しながらコース選んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何よりも優先して考えるべきなのは、お子さんの将来のことですよね。

 

 

 

 

 

 

 

お子さんの将来のことを第一に優先して考えるのであれば、レッスン代をケチるという選択肢は選べないはずです。

 

 

 

 

 

 

 

もし、あなたが英語ペラペラでお子さんに英会話を教えることができるなら、わざわざレアジョブに入会する必要はありません。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、あなたが英語に関して何一つ教えてあげることができないのであれば、英会話を身に付けるための最高の環境を用意してあげることくらいはできるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

大学受験は1日たりとも待ってはくれません。

 

 

 

 

 

 

 

まずは、レアジョブの無料体験レッスンをお子さんに受けてみてもらってください。

 

 

 

 

 

 

きっとレアジョブなら毎日楽しく、窮屈さを感じることなく英会話を学ぶことができるはずです。

 

 

 

 

 

 

大学受験で他を寄せ付けない英語力を身に付けることができるレアジョブの公式サイトはこちら⇒